不安定な睡眠。改善策を考えます。



出典:イラストAC
 
「高齢になると快眠が出来なくて、不安です」という高齢者の方が多くなります。
「仕事を引退し、仕事のストレスからは解放されたが、不眠のストレスに悩まされる」ともよく聞きます。
そこで、今回は、不眠に悩まれている高齢者の方に向けて、どうすれば快眠出来るかについて考えて行きたいと思います。
 

睡眠薬や精神安定剤を服薬していますか?

睡眠薬等を内服している高齢者の方は、副作用として「めまい」や「ふらつき」などの症状が出ることがあります。
特に高齢者の方が、「めまい」や「ふらつき」で転倒すると骨折する可能性が高くなります。
高齢者の方の転倒骨折は、重傷になることが多いため、特に気をつけてくださいね。
また、「低血圧」、「糖尿病」、「パーキンソン病」、「脳梗塞」等の病気を持っている方は、転倒の危険性が高くなります。
副作用が強いようであれば主治医に相談し、医師の指示に従いましょう。
処方されたお薬は、きちんと内服することが大切です。
 

快眠と健康のために適度な運動をしましょう。

速歩トレーニングにチャレンジしましょう。

速歩トレーニングは、出来るだけ基本姿勢を崩さず、速く歩くトレーニングです。
1日約30分以上トレーニングすれば効果が高まります。
毎日、散歩を習慣にしている方は、すこし速歩トレーニングを意識して行うようにしましょう。
生活習慣病の予防や筋肉を強化する効果もあります。
 

健康体操にチャレンジしましょう。

高齢にともない筋肉量は減少していきます。
しかし、何歳であっても適切なトレーニングを行うことで、上肢や下肢筋力の強化、バランス力を向上させることが出来ます。
また、柔軟性や持久力も向上させることが出来ると言われています。
毎日、自分に合った無理のない体操を行いましょう。
ラジオ体操でも良いですし、テレビで健康体操の番組があれば、それを見て運動するのもお勧めです。
公民館や自治体主催の健康体操教室等があれば、参加するのもいいですね。
1日に10分程度の運動を、1日2~3回行うのが理想です。
健康体操を毎日行い、「健康寿命」を延ばしましょう。
注意点としては、運動や体操、トレーニングをするときは、水分を積極的にとりましょう。
高齢の方は脱水を起こしやすくなっています。
脱水は意欲の低下やさまざまな精神症状を引き起こし、脳梗塞等の引き金になることがありますので注意が必要です。
1日1~1.5リットルを食事以外でとることを目標に、こまめに水分補給しましょう。
 

1日3食バランスよく食べましょう

高齢の方は、特に十分な食事量をとるようにしましょう。
魚、牛乳、卵、大豆食品(味噌、豆腐、納豆)等を積極的に食べましょう。
また、野菜、果実、キノコ類、海藻等の食物繊維が豊富な食品も積極的に食べましょう。
活動的な人ほど栄養状態が良いと言われています。
 
運動することで食欲が増進し体力や筋力がアップし栄養状態と身体機能がともに高まり、快眠につながります
 
この流れをぜひ押さえてくださいね。
 

植物の霊力を得た不思議の布!【満月の布】シングルシーツについて

自然のミネラルたっぷりの無農薬ヘンプ麻と無農薬綿の天然繊維で出来ています。
化学物質完全フリーで、縫製糸はスーピマ種のオーガニックコットン糸を使用しています。
肌に優しく、癒し効果抜群ですね。
シーツに使うと、素肌に気持ちよく、毎日ぐっすりと眠れると大好評です。
シーツやカーテン、マルチカバーなどアイデア次第で使い方は自由自在です。
自律神経が安定し、興奮を抑えて、安眠できると大好評の【満月の布】シングルシーツを一度、使ってみてはいかがですか。
身体がマイナスイオンに包まれて快眠出来ますよ。

出典:【満月の布】シングルシーツ


この記事を書いた人
職業は、元市役所職員で、現在は在宅ライターに没頭中です。仕事のストレスで不眠に悩まされた経験を基に記事を作成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です