2014年版 日本麻振興会による体験農業プロクラムのお知らせ

栃木ふれあい縁農年間スケジュール

2014年版 日本麻振興会による体験農業プロクラムのお知らせ

日本の麻のふるさと
野州麻

の伝統に触れる素晴らしい企画がございます。

栃木県日本麻振與会による体験農業プロクラムのお知らせです。
その名も「ふれあい縁農」です。

この企画の趣旨は
古くからの麻農の伝統を多くの方に触れていただくだけでなく、古来から続く日本人のこころ「里山」をテーマにしています。

その着眼点はわたくし「いのちゃん」も素晴らしいと思うのです。

この体験では麻の栽培育成収穫から出荷までと一連のオリエンテーションを体験できるのは、もちろんですが

麻も農業のひとつ!!

同時に百姓として里山と一緒に暮らしてきた農との一体感を味わっていただきたい!!

との思いでこの企画はスタートしています。

ヘンプ製品普及協会といたしましても
この企画を全力で応援したいと思っています。

詳細スケジュールにつきましてはお申込みいただきました方にお知らせいたします。

まず「ふれあい緣農」の内容ですが

「野菜のオーナー制」です。

野菜等の普段の管理は、野州麻紙工房のスタッフが行います。

スケジュールは大まかに

3月から4月 麻の種まき 野菜の苗付け

5月 麻と農作物の発育状況観察と草むしりなど

6月 麻と農作物の発育状況観察と草むしりなど

7月 麻きり

8月 麻引き、別の種取り用の麻と別の作物を植えます

9月 希望者は麻引き

10月 希望者は麻引き

11月 麻引きあげ祭

などなどです。

上記の期間内で参加者はご都合の良い時に来てください。(当協会から参加表明された方は、バスツアーなどの企画を予定しています)

•参加費は、年7,000円(野菜等の種代と管理費として)

•収獲した野菜等について

ジャガイモ10株、サトイモ10株、サツマイモ10株は持ち帰りいただけます。そばと小豆は、11月中旬に行う麻引きあげ祭で使います。

参加をご希望される方は、3月15日までにお申込ください。期日に遅れますと、収穫野菜の苗を植える関係で収穫物が少なくなります。

お申込ご希望の方は、3月15日までに氏名、住所、電子メール、ご連絡先をご記入のうえ、050−3488−8533までFAXか電子メール(hpsaアットマークpartie.net)にて参加表明していただき、管理費7000円をお振込ください。当協会でまとめて振興会様に参加申し込みを代行いたします。詳細スケジュールにつきましてはお申込みいただきました方にお知らせいたします。

以下振興会からのお知らせをお読みください。

栃木県鹿沼市永野の山里では、古来より3月下旬〜4月上旬に桜の花が咲く頃、麻の種を播種します。10日程で発芽し、約90日で2.5〜3mに成長します。

その後、7月中旬に梅雨明けを待って麻切り作業

8月下旬からは麻引き作業(精麻)と続きます。
また、品質の良い麻を育てるには、そばや小豆などを麻の次に栽培することが必要です。

永野の麻を成り立たせている他の野菜についても知っていただきたいと思います。

永野の山里で”麻とふれあい、野菜とふれあい、人とふれあう、ふれあい縁農をやってみませんか。
日本麻振興会理事長大森由久

http://www.npohemp.org/news/taiken2014yasyuu/

二十四節気2014

二十四節気2014

1月 5日(日)
しょうかん
小 寒
陰暦12月の節で、この日から寒に入り、寒さも本格的になる。小寒から節分までを寒の内という。気温の面から見ても、一年中で最も寒い時期は1月中旬から2月上旬にかけてで、二十四節気の内、小寒と大寒は日本の気候と合っている。
1月20日(月)
だいかん
大 寒
陰暦12月の中で、陽暦の1月20日か21日。一年の内で最も寒い時期。しかし、太陽は日ましに力が強まり、春が間近にせまっているのが感じられる。
2月 4日(火)
りっしゅん
立 春
陰暦正月の節(旧暦で月の前半にくる節気)で、陽暦では節分の翌日。2月4日頃。二十四節気の最初の節であり、八十八夜、二百十日など、すべて立春の日から数える。暦の上では旧冬と新春の境い目にあたり、この日から春になる。
2月19日(水)
う す い
雨 水
陰暦正月の中(旧暦で月の後半にくる節気)で、陽暦では2月18日か19日。雪が雨に変わり、雪や氷は溶けて水となる。忍びよる春の気配に草木がよみがえる、の意味だが、雪国の雪はいまだ深く、関東や東海地方の太平洋側に雪が降るのはこの時期である。
3月 6日(木)
けいちつ
啓 蟄
陰暦2月の節で、陽暦では3月5日か6日。蟄虫啓戸「蟄虫(すごもりむし)戸を啓(ひら)く」の日のこと。地中で冬眠をしていた虫たちが姿を表わす頃とされている。
3月21日(金)
しゅんぶん
春 分
陰暦2月の中で、陽暦では3月20日か21日。この日、太陽黄経は0度となり、昼と夜との時間は等しくなる。この日を中日として前後それぞれ3日、すなわち7日間が春の彼岸である。この日を境に徐々に昼が長くなり、本格的な春が始まる。
4月 5日(土)
せいめい
清 明
陰暦3月の節で、陽暦の4月4日か5日。「万物ここに至りて皆潔斎にして清明なり」関東から 西の地方では桜が見ごろで、南の国からは、そろそろツバメの渡りの便りも届く。
4月20日(日)
こ く う
穀 雨
陰暦3月の中で、陽暦の4月20日か21日。このころに降る雨は百穀を潤す、とされる。春の季節の最後の節気である。
5月 5日(月)
り っ か
立 夏
陰暦4月の節で、陽暦の5月5日か6日。 夏立つ日で、暦の上ではこの日から立秋までが夏。山野に新緑が目立ちはじめ、風もさわやかになって、いよいよ夏の気配が感じられる。
5月21日(水)
しょうまん
小 満
陰暦4月の中で、陽暦5月21日頃で、陽気盛んにして万物ようやく長じて満つ、の候。沖縄の梅雨は五月中旬から六月下旬ごろで、二十四節気の小満と芒種にあたる。この時期の雨を沖縄では小満芒種と呼んでいる。
6月 6日(金)
ぼうしゅ
芒 種
陰暦5月の節で、芒種の節ともいい、陽暦の6月5日か6日。芒種というのは稲や麦など穂の出る穀物の種のことをいう。種播きの時期で、農家は田植えに追われる。
6月21日(土)
げ  し
夏 至
陰暦5月の中で、陽暦の6月21日か22日。太陽は最も北に寄り、北回帰線の真上までくるので、昼間の時間が1年で一番長い。しかし、夏至のころは梅雨の真っ最中だから、日照時間はむしろ冬よりも短い。
7月 7日(月)
しょうしょ
小 暑
陰暦6月の節、陽暦の7月7日か8日、いよいよ暑さも本格的になり「温風至」の候。中国では「おんぷういたる」、日本では「あつかぜいたる」の意味。日脚は徐々につまってくるが、暑さは日増しに加わってくる。
7月23日(水)
たいしょ
大 暑
陰暦6月の中。陽暦の7月22日か23日。極熱の盛んなる時で、この最も暑い時期を乗り切るために、土用の丑の日にウナギを食べる風習が生まれた。
8月 7日(木)
りっしゅう
立 秋
陰暦7月の節。陽暦の8月7日か8日で、秋立つ日。実際には最も暑い時期だが、朝夕はなんとはなしに秋の気配が感じられる。
8月23日(土)
しょしょ
処 暑
陰暦7月の中、陽暦の8月23日か24日。「処は上声、止なり、暑気の止息するなり。」 暑さが収まる頃、の意味で、昼間はまだ暑い日が続くが、朝夕は涼風が吹きわたる初秋のころ。
9月 8日(月)
は く ろ
白 露
陰暦8月の節、陽暦の9月8日か9日。秋はいよいよ本格的となり、野の草には露が宿るようになる。「陰気ようやく重なり、露凝って白し」ということから名付けられた。
9月23日(火)
しゅうぶん
秋 分
陰暦8月の中。陽暦の9月23日頃で、太陽は秋分点に達する。春分と同様。昼と夜の長さが同じだが、この日を境に夜の方が長くなって、夜長の季節へと移っていく。
10月 8日(水)
か ん ろ
寒 露
陰暦9月の節。陽暦の10月8日か9日。季節的には秋の長雨が終わり、本格的な秋が始まるころ。露は結び始めのころは涼しく感じられるが、この季節には寒々として冷たく感じられる。
10月23日(木)
そうこう
霜 降
陰暦9月の中で、陽暦で10月23日か24日。寒露に続いて、霜が降りるころ、という意味で、 東北地方や本州中部では霜を置くようになり、紅葉が盛りとなる。
11月 7日(金)
りっとう
立 冬
陰暦10月の節で、陽暦の11月7日頃。この日から立春までが暦の上で冬。季語には冬立つ、冬に入る、冬来る、今朝の冬とある。このころは陽の光も一段と弱く、日脚も目立って短くなり、冬の気配がうかがえるようになる。
11月22日(土)
しょうせつ
小 雪
陰暦10月の中で、陽暦11月22日か23日。「小とは寒さまだ深からずして、雪いまだ大ならざるなり。」まだ、市街には本格的な降雪はないが、遠い山の頂きには雪が見られ、冬の到来が感じられるころ。
12月 7日(日)
たいせつ
大 雪
陰暦11月の節で、陽暦の12月7日か8日。「積陰雪となりて、ここに至りて栗然として大なり」日本海側や北国では本格的な雪が降りだす候。
12月22日(月)
と う じ
冬 至
陰暦11月の中で、陽暦12月21日か22日。冬至は暦の上では冬の最中で寒さの厳しい時期だが、この日を境に日脚は伸びていく。「冬至冬なか冬はじめ」といわれる。この日は、柚子湯を立てたり、お粥やカボチャを食べて無病息災を祈る。