名著紹介 きものという農業—大地からきものを作る人たち

きものという農業—大地からきものを作る人たち

名著です。

商品の説明
内容紹介
現在、国内の綿の自給率は0%。絹や麻の自給率も10%を切っています。
きものといえば「きれい」や「美人」と良い言葉ばかりが付きますが、その裏では、国内の農業衰退とともに、農薬を目いっぱいつぎ込んで大量生産された輸入原料や石油エネルギーに頼りきった化学繊維に押されて、本来の日本のきものが消えつつあります。

本書はきものを切り口に日本文化を研究している著者が、一見無縁とも思える農業ときものとの関わりに焦点を置いて著わした作品です。
農業といえば「食」を連想しますが、「衣」も日本文化も「農」で成り立っていたことが新鮮にわかっていただけるはずです。
作品の中では、絹、麻、草木染め、和棉と、現在でも土の中からきものを作り続けている人たちを追います。
出版社からのコメント
国内の農業衰退とともに、日本のきものが消えつつある。
「農」といえば「食」を連想するが、古来より「衣」もまた
「農」によって成り立っていた。
農ときものの結びつきから日本の文化が見えてくる。
大地からきものを作り出す人々をカラー写真などで紹介。
きものジャーナリストである著者の渾身の一冊。

内容(「BOOK」データベースより)
絹は蚕がつくる繭の糸。麻は、アサの茎からとる繊維。綿は、ワタの実・コットンボール。光の色、土の匂い、植物の力。そして人の手と知恵。すべてそろって、きものが生まれる。
著者について
中谷比佐子(なかたに ひさこ)
共立女子大学文芸学部卒業。女性誌の編集記者を経て「秋櫻舎」を設立。
きものを切り口に日本の文化、日本人の考え方の基本を学び、
伝承を進めている“きものジャーナリスト”。
農水省蚕糸業振興審議会委員を務めたこともある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
中谷/比佐子
共立女子大学文芸学部卒業。女性誌の編集記者を経て「秋櫻舎」を設立。きものを切り口に日本の文化、日本人の考え方の基本を学び、伝承を進めている“きものジャーナリスト”。農水省蚕糸業振興審議会委員を務めたこともある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【おおあさの平麻】野州麻ブランドの特級の平麻、精麻

【おおあさの平麻】野州麻ブランドの特級の平麻、精麻の販売紹介です。
【おおあさの平麻】野州麻ブランドの特級の平麻1キロです。幣に使用できます。

国産(野州)・特等級の本麻です。光沢のある肌色でしなやかさもあります。

神事・地鎮祭・お祭・しめ縄の固定など、神社にかかわる行事などに使われます。

また、能面などの伝統芸能や美術品の修復、お芝居や映画の撮影にも利用されています。

1本からお求めいただけます。
http://item.rakuten.co.jp/shi-zen/asa-41/

荷姿は段ボール箱に入ってお届けします。

国産 本麻
大束タイプ

長さ:約180から190cm
最大幅(中央部):約20~30mm
本数:約150本/束(1Kg)

1本からお求めいただけます。
キロでお求めの場合はコチラです。
http://item.rakuten.co.jp/shi-zen/asa-41kg/

小川和紙で一束にしてお届けいたします。

国産 本麻
小分けタイプ

長さ:約180から190cm
最大幅(中央部):約20~30mm

野州麻について
古代、阿波国(徳島県)の吉野川流域を中心に大きな勢力を誇り、ヤマト王朝成立の立役者となった阿波国忌部族は、弥生末期から古墳時代にかけて日本各地に麻殻を植え、農業、養蚕、織物、漁業、製紙、建築、古墳技術を伝搬させた産業技術集団祭祓族であり、さらに海洋民の側面も併せ持っていました。
 約1800年前に阿波国を出発、黒潮に乗り安房国(千葉県)に上陸し、利根川を遡って下野国(栃木県)に到達しました。
  利根川支流である栃木県鹿沼市永野(旧粟野町)は内陸部で風水害もなく、100日間で3mにまで生長する麻を栽培するには、最適地であり、ここが安房忌部族最終到達地となりました。
 日本一の麻の産地となったこの地は、「野州麻」という国産の最高品質の麻のブランドとして全国に知られ、現在に至っています。参照:「倭国創生と阿波忌部」林博章著

そして
御幣(ごへい)とは、神道の祭祀で用いられる幣帛の一種で、2本のおおあさを竹または木の幣串に挟んだものである。幣束(へいそく)、幣(ぬさ)ともいう。
現在では紙垂に変わっている、
通常、紙垂は白い紙で作るが、御幣にとりつける紙垂は白だけでなく五色の紙や、金箔・銀箔が用いられることもある。
かつて、神に布帛を奉る時には木に挟んで備えていたが、それが変化したのが今日の御幣である。その由来から、元々は神に捧げるものであったが、後に、社殿の中に立てて神の依代あるいは御神体として、あるいは祓串のように参拝者に対する祓具として用いるようになった。
なお、長い棒や竹の先端に幣束を何本か取付けたもののことを、特に梵天(ぼんてん)という。 紙が普及する以前は、ヤナギ、ニワトコ、ヌルデ、クルミ、マツなどの木の肌の一部を薄く削ぎ、渦状にちぢらせて残し垂らしておく飾り棒削り掛けも、御幣、幣の古い形の祭具として用いられた。削り花(削花、ハナとも)、穂垂(ほたれ)、掻垂(かいたれ)ともいわれています。

9/21 女神サークルde満月のすっきり湯文字発表会

meb

9/21 女神サークルde満月のすっきり湯文字発表会

☆昔からある着物の下着の効能をいち早く見抜き、伝承しているのがチャコちゃん先生こと、きもの文化研究家の「中谷比佐子」先生。
「満月の布」は、チャコちゃん先生とコラボして「満月の布」を使用した「スッキリ湯文字」と「ハッピー胸当て」を開発。

☆その発売を記念して、9月21日(土)に「女神サークル」の一環として、「中谷比佐子」先生を囲んで湯文字と胸当ての説明と実演会を行います。
場所は恵比寿駅から広尾方面に10分ほど歩いた渋谷区のきれいな施設です。
予約制で、時間は13時から16時半までを予定しています。参加費は4000円です。
スペシャルゲストは月経美心で有名な「樋渡 志のぶ」さんに月経血コントロールのお話もしていただきます。
当日、湯文字の販売も行います。綿、絹、「満月の布」と三種類の湯文字を体感できる貴重な機会です。ご購入いただいた方には、無料で正しい付け方をレクチャーいたします。
貴重な機会ですのでぜひご予約の上、ご来場ください。なお、男性も参加できます。
☆☆☆☆☆☆☆

日本人の智慧 和服から生まれたチャコちゃん先生の すっきり湯文字とハッピー胸当て

湯文字のここがすごい!
「冷えから守る、骨盤を平行にして守る、お腹とお尻を引き締める。」
湯文字を正しく締めると→恥骨が締まり、骨盤を平行にして→骨盤最大の骨、腸骨が自由になる→そして背骨が真っすぐに伸びるので血流がよくなり、姿勢も良くなる。

☆驚きの効果☆
→腰痛がよくなる。→デトックスにもなる。→ダイエットにもなる。→O脚も治る。姿勢が良くなる。
姿勢が良くなるとチャクラの通りが良くなり、運気があがる。そして月経血コントロールにも一役買ってくれます。

☆☆☆☆☆☆☆☆

☆お問い合わせは、秋櫻舎TEL03-5350-4261
もしくは満月の布TEL03-3317-7275 FAX050-3488-8533まで
※ご予約時にお洋服のサイズをお教えください。なお、予約時に場所のご説明をいたします。
チラシ持参の方は 半額です!!

またチラシない方は当日受付でお渡ししています。

 

本当にいいお話ですので、ぜひシェアしてください。

女神サークル分科会☆麻フェス@恵比寿 2013年4月6日(土)

協会が応援しているサークル活動です。

協会が直接関与していませんが

告知に協力いたします。

 

以下告知

 

480162_239944099484710_1807711287_n

 

 

 

 

女神サークルとのコラボ4月6日(土)

 

 

麻フェス@恵比寿 2013年4月6日(土)

恵比寿にある地域交流センター新橋で麻フェス開催します。
麻製品や麻をイメージした物のアイテムやサービスの販売、ワークショップを開催。
麻を気軽に楽しめるイベントです。入場無料!

<出展者募集>
●出展数:10ブース

●出展時間:13:00~20:00(完全撤収21:00)
●出展場所:地域交流センター新橋(https://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/koryu/koryu_shinbashi.html
●出展内容:麻を広めたい方。麻を使った物・麻をイメージした物の販売、サービス、ワークショップ。

 

 

 

●女神サークルの定期活動報告●

2013年4月6日(土曜日)は恵比寿で
「女神な麻フェス」
入場無料!!

「満月の布の体験や麻炭の体験。
さまざまなクラフトやワークショップを体験体感できます。」

●開場 14時00分   ●閉会 20時
会場 渋谷区恵比寿1丁目新橋地域振興センター
地下1階 ホール

同時出展者募集中!!
自分を表現したい人お集まりください。。。
hpsa@partie.netまでご連絡ください。
http://npohemp.org/を見てください!!

お問い合わせFAX 050-3488-8533

恵比寿で「女神まつり」2013/3/31

2013年3月31日は豪華講師やゲストを招いて
女神まつり」を開催いたします。(参加フォームは一番下にあります。)

100名限定です。

前払い資料費1000円

その後の懇親会4000円(限定40名)です

資料費の、当日払いは事務作業煩雑のためお断りしております。

テーマは壮大です。

 

「(仮)子供を育む女神たち、決めるのはわたしたちです。」
〜えっ!!無農薬野菜と月経血コントロール、男女が仲良くなる方法も、
アトピーが治るのも、全部答えは一緒なの?!
これからの地球の衣食性の選択肢を決めるのは女性です。
女性はみ〜んな女神なのです。」

 

というコンセプトで行います。

男女ともに参加できます。ぜひカップルでもお越し下さい。

サークル活動後、オーガニックレストラン「炭bio」にて無農薬野菜の炭火焼の食べ放題の懇親会(会費4000円 2ドリンク付。ただしビール・日本酒は別途プラスチャージです。)も予定しています。こちらは限定40名様です。

 

豪華講師陣は

夏目祭子さん(作家)

http://ameblo.jp/matsulico01/entry-11483936239.html

すぎはら美里さん(女優)

http://miritary.laff.jp/blog/ 

遠藤 榮子さん(特定非営利活動法人メダカの学校 理事長)

http://www.medakanogakkou.jp/

と3名の女神にさまざまな活動を通して得た経験をお話しいただきます。

 

ジャンルは違えど、目的とゴールは一緒!!

ということで、異業種・異ジャンルの競演、全く初の試みでございます。

 

この初の試み、独断と偏見をもって

ヘンプ製品普及協会 ヘンプ体験村村長「いのちゃん」が言い出しっぺです。

なお、先日募集させていただいた

女神88からの重大発表会 も予定しております。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆女神サークル 女神まつりタイムスケジュール☆

開場10時30分(予定)

終演16時(予定)

会場 地域交流センター新橋 地下1階(エレベーターで地下1階までお越し下さい。)

住所:渋谷区恵比寿1-27-10 (会場は女神サークルでお借りしているだけで会の運営とは無関係です。)参加フォームに記載しています情報を大切に保管してください。

懇親会 開始17時半予定

懇親会会場  炭bio http://r.gnavi.co.jp/p633800/ 

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-22-8 恵比寿ファーストプレイス2F
TEL050-5798-2073

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

参加は下記フォームからお願いいたします。

資料費や懇親会費は事前振込となりますので、応募フォームを送信後、自動返信メールに振込先等をお書きしておりますので、そちらをご覧いただきますようお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

直接会場にお越し下さい!!

 

http://www.facebook.com/events/122257157958189/

 

応援していただいている女神 紹介

 

ハンモックヨガ 万菜美さん
http://www.hammockyoga.jp/about.html

経絡測定器ユホンジ 巫靜宜さん
http://www.uhongi.co.jp/

月経美心主宰アロマセラピスト 樋渡志のぶさん
http://homepage3.nifty.com/kupukupu/