協会の概要

 設立趣旨
私たちヘンプ製品普及協会(H.P.S.A.)は平成12年12月に発足したボランティア団体です。21世紀の子供たちに緑多い美しい地球を残すために非木材資源の活用、化石燃料の使用削減、また、「持続的循環型再生可能な社会」を形成するために、日常なにげなく使用できるヘンプ(大麻)製品の開発および普及を通して貢献していきたいと考え、活動しています。また協会では、その製品を開発および普及するだけでなく、NGO、NPOの環境保護活動を支援していきます。また、粗悪なジュート麻やマニラ麻をヘンプ(大麻)であると偽っている商品への適正な表示を求めていきます。
理事長 水間礼子から一言
今までヘンプを普及しようとしていた多くの方々に敬意を表します。
そして、また違った視点で地球環境を考えていきたいと思っています。
女性の視点で、ヘンプという植物を見直し、その製品を普及させていきたいと思っていますので、ぜひ女性の参加をお待ちして居ります。
事務局長 井野口貴春から一言
皆さん、より良い社会形成のためにも非木材紙であるヘンプを普及するために頑張っていきましょう。
 協会概要
正式名称 特定非営利活動法人(NPO法人)ヘンプ製品普及協会
(英名)Hemp Products Spread Association
所在地 〒166-0014杉並区松ノ木3−24−10プチコート松ノ木1階

(〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1−30−14)

電話 050-3488-8533 ファックス 050-3488-8533
URL http://www.partie.net/hpsa/http://www.npohemp.org/ E-mail hpsa@partie.net
名誉理事 未定 名誉顧問 王振声 博士
顧問 小柴文男 弁護士、井野口貴春、赤星栄志
理 事 長 水間礼子
理事 市川郁紘、井野口智信、森本友広、赤星栄志
監査役 大内霞津巳
事務局長 井野口貴春
設立 平成12年12月
(順不同、敬称略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA