ヘンプカーよもやま話(1)

 

 ヘンプカーよもやまばなし
ヘンプカー公式Tシャツができた訳●
このイベントを機に、みんなが少しでもヘンプに対する誤解や、あらゆる環境問題に対する意識を上げられたらなーと思いました。
そこで、私たちはヘンプカー統一ロゴを作成し、ヘンプT-シャツを作って、資金を捻出しようと考えました。
このT-シャツを買っていただくとヘンプカーが「2キロ」前に進みます。定価は4800円ですが、レインボークーポンでも払えます。その場合は、3800円プラス1000Rです。ヘンプマネー「レインボークーポン」とは?●
ヘンプマネー「レインボークーポン」とは、調和のとれた循環型社会を創ることを目指している人たちをつなぐための「コミュニティ通貨」です。略して「R」と呼びます。ヘンプマネーには、100R・500R・1000Rの三種類があります。Rは¥と等価としますがRを¥に換金することはできません。

◎どこで使えるの?
レインボークーポンに賛同する全国の協賛店にて定価の数%の割合で使用できます。
(クーポンの使える割合はお店によって違います。)

◎だれに使えるの?
お店だけでなく、サポーター登録すれば個人間でも使えます。イベント会場などにある所定の用紙に「提供できること・もの」「提供してほしいこと・もの」を書いて登録してください。また、サポーターに配布されたレインボークーポンは、それを受け入れてくれる人ならば誰にでも使えます。

◎いつまで使えるの?
使用期限は2003年アースディ、つまり2003年4月22日までです。それ以降は無効になりますのでご注意ください。

◎どこで情報が手に入るの?
インターネットで最新情報を提供しています。要チェック!また、レインボークーポンで「提供できること・もの」「提供してほしいこと・もの」を自由に書き込むこともできます。詳しくはリンク先のレインボークーポンの項をご覧ください。※登録はレインボークーポンに関連する情報を提供させて頂くことが目的です。個人情報は決して第三者に公開するようなことはありません。

ヘンプカー2002

過 去 の 活 動
・Hemp Car Project / ヘンプカー・プロジェクト  
・オランダの麻事情 ページ内移動
・5月に行われた播種ワークショップの模様 ページ内移動
 Hemp Car Project / ヘンプカー・プロジェクト
大麻の種子から取れた植物油を軽油化して駆動させるディーゼル自動車「ヘンプカー」により、北海道滝川市から九州熊本市までの5000キロを縦断する約4ヶ月の環境啓蒙イベント「Hemp Car Project」。
NHKを初め、各地のマスコミにも取り上げられ、環境意識を高めることに一役買っている。

<Hemp Car Projectのページ>
HEMP CAR PROJECT オフィシャルTシャツ販売中!! – 販売は終了しました。-
このT-シャツの売上げでヘンプカーが2キロ前に進みます。
みんなの気持ちを乗せ走るヘンプカープロジェクト。
あなたの街にヘンプカーがやってくる。
 ヘンプカー2002の全記録 / ご協力ありがとうございました。
4月   
4月20日 東京代々木公園にて2002年アースデイにてヘンプカー初お目見え!!
4月29日 いよいよスタート!!ヘンプカープロジェクト2002。
北海道滝川市から。
5月   
5月3日 アイヌの里、二風谷で植林に参加。
5月5日 三内丸山遺跡公園に訪問。
5月8日 「山根六郷の四季~麻(いど)と暮らし」上映会。
5月11日 岩手県盛岡市にて「ヘンプ・フォーラム」を開催
5月13日 「地球環境フォーラム2002 in 岩手」に参加。
5月15日 岩手県遠野市の遠野郷八幡宮を訪問。
5月16日 「ヘンプ・フォーラム鶴岡」に参加。鶴岡市内で 毎日新聞の取材を受ける。
山形県の鶴岡市出 羽三山神社でNHKの取材を受ける。
5月17日 湯殿山神社正式参拝。
5月19日 ヘンプカープロジェクト in 仙台が開催。
5月20日 福島県の昭和村に訪れる。
5月21日 那須、大麻博物館に訪問。
5月26日 栃木県宇都宮市の二荒山神社にてフリーマーケットに参加。
5月27日 麻の産地、栃木県粟野町の町役場にて町長と懇談会。野州麻紙工房を訪問。
5月28日 日本ストローベールハウス協会を訪問。
5月30日 富士山の麓に鎮座する浅間神社を参拝。
5月31日 A・P・G大月ピラミッドを訪問。夕方、甲斐一宮浅間神社を参拝。
6月   
6月1日 ペンション「ワンサポナタイム」を訪問。
6月2日 長野県駒ヶ根市で「くらふてぃあ 杜の市」に参加。写真を掲載しています。
6月3日 長野県安曇野にある麻畑を訪問。
6月4日 長野県の美麻村を訪問。
6月5日 富山県入善町庁を訪問。また御皇城山(おみじやま)にある皇祖皇太神宮を参拝。
6月6日 午前中、富山城の前で各社から取材を受ける。
午後、とんがり山に登る。
6月7日 麻フォーラム in 富山に参加。
6月8日 新潟県巻町の農村整備センターで行われたフリーマーケットに参加。
6月9日 新潟県長岡市の駅前大通りを歩行者天国にしてヘンプカーの試乗体験やワークショップを実施。
22日(土) おおいなるあさ祭り(神奈川県鎌倉市)
受入:「おおいなるあさ祭り」実行委員会・NPO法人ヘンプ製品普及協会
担当:住工房 なお 0467-39-3630
23日(日) 水と麻の集い vol.1(東京都千代田区)
受入:(株)IHM 03-3866-3713
29日(土) ヘンプ フォーラム 2002 UNITY~調和~(名古屋)
受入:名古屋ヘンプ研究会TEL/FAX 0586-68-1227
30日(日) 第2回「おおあさ祭り」(豊中市服部緑地)
受入:「おおあさ祭り」実行委員会 Tel:07439-2-0053
7月   
 6日(土) 水と麻の集いvol.2(大阪市鶴見区)
受入:(株)I.H.M 03-3866-9047
11日(木) 中山氏の講演 『麻ことのおはなし』(京都府宮津市)Cafe 友夢想屋
担当:大浦(携帯:090‐9714‐4970)
13日(土) 第3回若狭・関西草の根交流イベント(福井県小浜市)
受入:若狭・関西草の根交流会 担当:重枝 T/F 06-6433-5017
14日(日) 水辺麻こと物語(滋賀県大津市)14:00~21:00
受入:岡田麻・工房よしと 担当:吉本徹也 075-841-0700
20日(土) ヘンプまつり(仮)(徳島県徳島市)
受入:渡辺勝生e-mail:katsuo1@mac.com
21日(日) “アスワの光”(香川県高松市)16:00~20:00
担当:SHANTI 北村裕子 087-811-7338
24日(水) “アスワの光”(高知県高知市)
担当:「じきゅう村」研究会(影浦)090‐4500‐1116
28日(日) 虹のまつり(愛媛県今治市)10:00~19:00
担当:宇野タオル 0898-48-2186(村上)
8月   
3~4日(土日) 平和のイベント(広島県能美島)
担当:ONE LOVEのまさ 090-3744-9077
 5日(月) ヘンプカーが大朝町にやってくる!(広島県大朝町)
担当:永田豊 ainosato@ruby.ocn.ne.jp
 6日(火) ヘンプカー、出雲大社訪問(島根県出雲市)
担当:今野白龍 sirius23@lily.freemail.ne.jp
10日(土) NEXT VISION HEMP NIGHT 「麻の可能性」(福岡県北九州市) 19:00~
受入:NEXT VISION 090‐4777‐3045
担当:広瀬健一 ringworld6370@aol.com
11日(日) ヘンプカーin下関(山口県下関市)
 1~11日 目からウロコの麻・展(仮)(福岡県福岡市)
場所:秀巧社ギャラリーTEL 092-712-7711
16~17日 福岡市 担当:新納かおりTEL:092-731-7629
18日(日) 佐賀にヘンプカーがやってくる~環境素材「ヘンプ」展も同時開催中~(佐賀県佐賀市)14:00~17:00
受入・担当:藤沢裕美 0952-28-0316
20日(火) ミニパレード&エコ自動車「ヘンプカー」との交流会(熊本県菊水町)19:00~
担当:前渕康彦 y-maebuchi@town.kikusui.kumamoto.jp
ヘンプカー最終イベント!
24日(土) 水と麻の集い vol.3(熊本県熊本市)
13:00開場~19:45 場所:メルパルクホール熊本
受入:(株)I.H.M 03-3866-9047
オマケ
26日(月) Chasin’Dragon Charity Live for Polio Vaccine(熊本市)
場所:Felicia 096-354-7539

ヘンプとは???

Hemp とは?What is HEMP? Why HEMP Now?
ヘンプ(大麻)不遇の時代背景
The age background of hemp ill fate.
日本人は、福井県の鳥浜遺跡より出土した紀元前8000年の麻縄が示すとおり古来大麻と慣れ親しみ、衣服や紙の原料として生活に利用してきました。
しかし第2次世界大戦以後、GHQ要請により大麻取締法が制定されて大麻の栽培は免許制になり、以来日本ではマリファナと大麻を混同したまま現在にいたっています。ヘンプ(大麻)を栽培する農家も年々減っていき、日本国内で採取される大麻繊維は非常に高価なものになってしまいました。
海外におけるヘンプ(大麻)に対する偏見の雪解け
The thaw of the prejudice toward hemp in the foreign countries.
現在、免許制による栽培のみが認められている日本ですが、アメリカでは2000年の4月よりあのハワイでも個人のヘンプ(大麻)の栽培が解禁されたと聞いたら多くの日本人は驚くでしょう。
1993年よりヘンプの利用価値を見直したヨーロッパ(又、カナダ)を中心とした国々での栽培が解禁されています。
また、ヘンプを原材料の一部として利用する大手企業も増えてきました。その影響か、若者の間でここ数年ひそかなブームが起こっています。
ついにヘンプ(大麻)産業に一筋の光が見えてきました。
ヘンプ(大麻)という植物の長所
The strong point of the plant of hemp.
ヘンプ(大麻)という植物が、地球環境にどのように良いのか、要点をご説明いたします。

  1. 農薬や化学肥料を必要とせず輪作が可能。
  2. 約100日で生育する1年草。(ケナフではそこまで育ちません。)
  3. その生育過程で、赤松と比べると3倍という多くの酸素を配給できる。
  4. 肥沃な土地もちろん、痩せた土地でも耕作可能。
  5. 土中の重金属等の有害物質を吸い上げ、成長過程で光合成により無毒化する(協会実証済み)。
  6. 3センチ間隔で植えられ、作付面積に比べ収穫が多い。
  7. 繊維長が最大で3から5メートルにもなる数少ない植物。
  8. その繊維長を利用し、今まで再生不可能で廃棄されていた繊維長の短い再生古紙にヘンプ(大麻)を混入することにより、新たな再生紙(特殊紙)として利用できる。
  9. マイナスイオン効果。
  10. 殺菌効果。
  11. 種子は食用に(七味唐辛子にも入っています)。
  12. 日本古来よりの文化性のある植物。
    (他にもありますが、要点のみ記載しました。)
ヘンプ(大麻)という植物の短所
A fault of the plant of hemp.
  1. 産業用大麻とマリファナを混同される可能性がある。
  2. 特に日本では犯罪者と同一視される可能性がある。
    (植物として環境に対し問題になる点はまったくなく、ここでは2次的に日本で問題になる点を記載しました。)