子供が行なう子供のためのワークショッププログラム

 

2017年で16年目を迎える本協会。

いままで長い間、環境やサブカルチャーといったすばらしいジャンルで活動をさせていただきました。

それはヘンプと言うキーワードの幅の広さであり、深さでもあります。

大麻ヘンプは平和のシンボルであり、調和の代表詞です。

この懐の深さを実感し、自分の無力さを痛感させていただける大麻と言う植物は本当にすばらしいものです。

人間も戦争を生み出すし、平和をも生み出す大きな力を持っています。

特に子供は、まさしく善と悪を常に隠さず生きています。

その子供たちを見るにつけ、この日本の未来は彼らがいるから安心だ!!と確信できます。

 

ただいまの子供たちは、本当に厳しい時代を生きています。こんなに時代がめまぐるしく変化する時代はいままでなかったはずです。

仮想の世界と現実の境目がわからない世界を生きています。

私たちが子供のためのワークショップを行なってきて、多くのお子さんを見てよくよく観察しますとそこから見えてくる世界があるからです。

親にはいくつかタイプがあります。

大きく4つのタイプの親御さんに分けられると思います。

1、放任タイプ

2、指示タイプ

3、先鞭タイプ

4、見守りタイプ

さてあなたはどのタイプ?

どのタイプでも、親の存在は無視できません。

今回私たちが行なうワークショップは、どれにも属しません。

親が介在しないのですから。

もちろんガイド役の大人はつきますが、それはあくまでサポートであり、子供たちの友人であります。

ここまで読んで、私の子供はこのワークショップに参加させるのは無理と思った方もいらっしゃるでしょう。

子供の力は、無限大です。子供力を信じてみたらいかがでしょうか?

子供の将来を潰すのは、あなたの常識や観念なのです。

彼らには、できないと言う概念はないのです、それを植え付けたのは親であり教育です。私たちも少なからずそれを植え付けられて生きてきました。その道をまた子供たちに歩ませては行けないのではないでしょうか?

そして私たちは、その輝く子供たちが自分で考え、自分で行なうワークショップにぜひ参加してみてください。

子供が先生、教わるのは子供でも大人でもいいのです。

 

このプログラムの面白いところは、先生と生徒が適時入れ替わるのです。

先日行なった際のことを例としてお話ししますと

折り紙の駒製作ワークショップを行なっていました。

ワークショップ参加費は折り紙一枚10円。折り紙を多く使う作品は参加費が高くなります。そして、講師の小学二年生が教えて、無事一回目が終了しました。

そしてその後、生徒として参加した小学校4年生が、反対に講師であった小学二年生に新しい折り方を教えるのです。こうして子供たちのワークショップは無限の広がりを見せていく訳です。遊びの延長がワークショップであり、ワークショップの延長に遊びがあり新しい世界があるのです。

そこには既成概念や常識は存在せず、ただ楽しい、嫌なことは嫌、とい感情と意識のみです。

このプログラムは、普段抑圧されている子供たちの感情を解放するすばらしいプログラムです。

見守り役のガイドの大人はジャッジしません。そして参加している子供たちが飽きたり、やりたくなかったらワークショップは開催されません。それもおもしろいでしょ?でもそんなこといまのいままで一度もありません。

そんなの当たり前じゃん!!とか おれの子供の頃は!とか 説教臭いことを考えたあなたにもぜひ参加して本当の子供の姿を身にしみて体感していただきたいプログラムです。

もしこのプログラムに参加したい、応援したいと思われた方は、

hpsa@partie.net

までご連絡ください。当日ワークショップに参加されるお子さんは当日申し込みで結構です。ブースまでいらっしゃってください。

 

募集するのは

1、ワークショップをしてみたい子供

募集条件 どんなワーックショップをしたいのか?材料はなにがいるのか?材料は誰が用意するのか?予算は?

2、応援したい大人

このワークショップ主催にはお金が多少かかります。それを応援してもいいよ!!って方、おいくらからでもいいので大募集中です。

※子供とは、おおむね小学生を指しています。中学生でも参加オッケーです。

 

 

ヘンプ大麻と言いますと、禁止薬物、違法などの言葉が頭をよぎりますが、世界各地で古来から有効活用されてきました。

これはどの学者も、異議はないはずです。

日本では、神社やお寺で古くから使われてきた大麻。戦時中は小学校でも植えられていました。

厚生労働省の【だめ絶対】のスローガンに始まる薬物撲滅キャンペーンの代表格に大麻があります。

しかし僕が見てきた大麻とは、その大麻は違うのですね。

大麻ヘンプは平和のシンボルであり、調和の代表詞です。

私たちは、悪が善に入れ替わるそのときに、人類の洗脳が解かれ、本物を見る目が開かれる常識のパラダイムシフトが行なわれるであろう、それをもたらす植物として【大麻】をとらえ活動してきました。

海外では大麻は認められており、とはいいたくないのです。比較はしたくない。

いま日本に住んでいるのですから、海外との比較は意味をなさないのかも知れません。

日本は島国だから、遅れているとも思いません。私はこの国を愛しています。ですから、この国の行く末を、良いものにしたい、と思っています。

ですが現状では、多くの罪のない犠牲者をだし、この国はその人たちの人生に必要のない暗部を突きつけます。

あるものは、好奇な目でさらされます。

芸能人が窃盗で捕まった!!などのニュースはたいして流れないのに

芸能人が大麻で捕まった!!で人格までも否定される報道がなされる国です。でもこの国を私たちは愛しています。

はたと考えますと、僕らもあっち側にいる人も、同じ時を流れて生きています。しかも同じ日本で。お互い真剣に良い日本を作ろうとしている訳ですね。

お互い真剣だから、ぶつかることもあるのでしょう。

「あっちもこっちもない。善も悪もない。あるのは明るい未来だけ。」

 

子供が行なう子供のためのワークショッププログラム応援してください。

 

大切なのは、苦しい今の時期に啓蒙活動ができる人たち。

大切なのは、苦しい今の時期に啓蒙活動ができる人たち。
だからこそレジェンド。

当大学の授業もまさにそれ。


麻の勉学は、一時の時流に流されず、我欲で行動せず、常に麻と向き合って、寄り添っていく。

そして物事の本質を見極め、身につけていく。

週刊誌に取り上げられて有頂天、著名人にも認められ のぼせ上がり、さらには自分の手柄だと

鼻の下

を伸ばす。

そのようなゲスの極みが、麻の発展を「実は」妨げるのだ。


20世紀後半から今に至るまで、積み重ねられてきた
麻の活動の歴史、重みを感じてほしい。

われわれはこのような苦渋を、何度も味わってきた。
しかし何度も立ち上がってきました。

一時の火のような盛り上がりより、水のように徐々にではあるが
最高到達点、沸点を目指そうではありませんか?

ブームは必要ない。

ただ、黙々と麻に向き合い、愚直なまでに、麻の気持ちになって考える。

ただそれだけだ。


麻に携わる人たちには、常に、良識ある行動と活動を希望します。
そして願わくば、先祖や生きている祖先を敬い、今の自分に感謝し、今を生きてください。

おのずと、自分の行動に変化があるはずです。

unspecified

おおあさ大麻大学 京都特別講義 「麻によりそう」平成弐拾八年七月一日(金曜日)先勝

おおあさ大麻大学 京都特別講義 「麻によりそう」

先日の 左京区かぜのねでおこなわれた映像鑑賞会に続き

京都チャランケさんにて
おおあさ大麻大学京都特別講義をおこないます。
’’’’’’’’’’

平成弐拾八年七月一日(金曜日)先勝
ご予約のみ(定員20名)
1500円(ワンドリンク別、入場時にご注文ください。

講義内容
「麻によりそう」
数人のパネラーによる座談会方式

続きを読む

メキシコの人々はすでに何世紀にもわたり、医療目的で大麻を使用してきた

メキシコのおばあちゃんが作る「大麻薬」

メキシコの首都メキシコ市の秘密の大麻栽培施設で撮影された、筋肉痛緩和用に大麻成分を浸出させているアルコールが入ったボトル(2015年11月30日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】メキシコ人のある女性(53)は脚が痛むとき、大麻を浸したアルコールでさする──。彼女はその自家製の薬が、大麻を違法とする同国の法律に触れていることを知っている。だがその調合薬は世代を越えて受け継がれたもので、この女性も子供の頃から使ってきた。

「これは本当に頼りにできる」と、主婦でアマチュアダンサーの女性は絶対に匿名にすることを条件にAFPに語った。「すごく疲れたときに脚や体にのばして塗ると、とてもいい。私は塩がなくても生きていけるけど、大麻入りのアルコールなしでは生きていけない。私の祖母もこれを使っていたの」と、葉と液体が入ったプラスチックのボトルを握りながら言った。

女性はその薬を自分の3人の子どもと3人の孫たちにも使ってきた。子供が熱を出したときには、コットンにその液体を染み込ませたものを、へそに置いた。うっ血の症状には、胸や背中にこのアルコールを擦り込む。

嗜好(しこう)用あるいは医療目的での大麻使用の合法化をめぐる議論は、メキシコではまだ始まったばかりだが、メキシコの人々はすでに何世紀にもわたり、医療目的で大麻を使用してきた。2015年11月に最高裁が、個人で使用するための大麻の栽培と吸引を4人に認める判決を下した。これにより同様の許可を求める道が他の人たちにも開かれ、全国的な議論が盛り上がった。

大麻成分を浸出させたオイルは何か月間も保存でき、容器に入れて隠し持っている人は多い。乾燥させたものや、ペースト状になっている場合もある。頭痛や不眠を和らげるために大麻の茶を飲む人もいれば、吐き気やがんによる痛みを和らげるために吸引する人もいる。

首都メキシコ市(Mexico City)でPRの仕事をしている男性(33)は、温室の強烈な照明の下で水耕栽培されている約20株の大麻草を見せてくれた。「これは個人的に医療目的で使うものだ」と、彼は大麻を吸いながら言った。「売買はしない。私たちは制度や(麻薬密売組織との)戦争の状況を変えるためにやっている」と彼は話す。合法化すれば違法薬物の取引に絡んだ暴力を減らすことができるという、大麻合法化を求める活動家たちの主張と同じだ。

■「自家製の薬」で逮捕された人はいない

エンリケ・ペニャニエト(Enrique Pena Nieto)大統領は合法化に反対しているが、最高裁の判決を受けて、16年1月から3月に専門家を招集して政府としての対応を検討する予定だ。

しかし、医薬品の輸入を担当する連邦衛生リスク対策委員会(COFEPRIS)のミケル・アリオラ(Mikel Arriola)委員長は、医療用大麻の効果に疑問を呈している。「治療目的ならば、錠剤や注射薬といった医薬品の形態で提供されなければならない。大麻はそのプロセスを経ておらず、治療効果は確認されていない」と述べた。

司法長官の広報担当によれば、大麻成分を浸出させたアルコールの所持は違法だという。だが、家で作ったその薬を使用したことを理由に逮捕された人は一人もいないと付け加えた。
【翻訳編集】AFPBB News

いいあさだね Luv maFfia (aka dUb MaFfia) Live & 神縄 hemp workshop in ふろむあーすカフェ OHANA

 いいあさだね Luv maFfia (aka dUb MaFfia) Live & 神縄 hemp workshop in ふろむあーすカフェ OHANA

 

またこの季節になってまいりました。
昨年も大好評でした
ラブマフィア(ダブマフィアのアコースティクバージョン)のライブを
三軒茶屋のフロムアースカフェ【オハナ】で
9月から毎月一回12月までおこないます!!

イベント名のとおり
麻に特化したおおあさ大麻大学とのコラボレーション企画がありますよ。
麻のお話を聞き、麻と戯れてから
ゆっくりライブを聴いてみるのはいかがですか?

麻の縄や飾りを教えてくれるワークショップの講師予定者は茂木祥子(やすこ)さんをはじめとした実力者の方々です。
コラボレーションの内容は
毎回 麻のお話付きのワークショップで
第一回目の9月は初級編の神縄(麻縄)作り
第二回目は10月7日は神飾り
第三回目は神縄と神飾りの復習
となっています。
続きを読む

おおあさ大麻大学9月の授業のご案内

 

 

おおあさ大麻大学9月の授業のご案内

★★★★★
2015年9月15日18:30より
懇親会21時より(予定)
★★★★★

開催場所
コワーキングスペース カナエルcanaeru〒150-0031 東京都 渋谷区桜丘町29−33

★★★★★★

おおあさ大麻大学在校生でなくても、本講座は受講できますが、定員がございますので、受講は在校生を優先いたします。
つきましては、単発受講の方は、お申し込みいただきましても、お断りする場合がございます。
単発受講料は、5400円(税込み)です。
※おおあさ大麻大学卒業生で、6月の講義にのみ参加される方は、5月の講義同様3,000円で受講可能です。
(一般料金は5,400円)

★★★★★★

今回は
講師に福島 昭和村の織り姫を経て 独自に麻の手仕事を展開されている

金子貴子さんをお迎えして、麻の繊維から機を織るところまでをお伺いいたします。

Facebookページ
https://www.facebook.com/taimadaigaku/events

 

申込フォーム

http://goo.gl/forms/Wqg9PyzdrA

おおあさ大麻大学9月の授業のご案内

 

「遊ぶ。暮らす。育てる。SATOYAMA & SATOUMIへ行こう 2015」 2015年3月28日(土)29日(日)パシフィコ横浜展示ホールDにて開催!入場無料! 皆様、ぜひお越し下さい!

2015年3月28日29日開催

「遊ぶ。暮らす。育てる。SATOYAMA & SATOUMIへ行こう 2015」

2015年3月28日(土)29日(日)パシフィコ横浜展示ホールDにて開催!入場無料!
皆様、ぜひお越し下さい!
http://www.satoyamamovement.com/event.html

ハロープロジェクトも応援!!

こちらに出展いたします。
ご参加お手伝いいただける方を募集しています。

yumojioujiアットマークgmail.com

 

 

4月5日日曜日は

恵比寿にて

「「湯文字」大会」「宇宙と子宮、「湯文字」の世界を開催します。

 

2015年から2016年のおおあさ大麻大学の仮スケジュールが出ました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。